ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

黙ってキスして (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マリアは自分が臆病だということはわかっていた。冒険家の両親の一人娘として生まれながら、わたしだけがどうして?他方、幼なじみのエディは昔からマリアの両親にかわいがられ、今では世界を股にかける冒険家だ。そんなエディにマリアは嫉妬し…恋をした。けれどそれは思春期のほろ苦い思い出にすぎなかった。エディが過去の人でなくなったのは、彼が自分を差し置いて両親の会社を引き継ぐつもりだと知ったとき。マリアの心はざわめいた。ぜったいに阻止するわ―たとえどんな犠牲を払っても。

内容(「MARC」データベースより)
冒険家の両親を持ちながら臆病な性格のマリア。世界を股にかける冒険家となった幼なじみのエディが、マリアの両親の会社を引き継ぐつもりだと知ったとき、彼女はついに決心する。絶対に阻止するわ、どんな犠牲を払っても!

情熱の予感―リヌッチ家より愛をこめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
かつて愛する人に手ひどく裏切られたオリンピアは、副社長として仕事に生きがいを見いだしていた。新しい経営陣が来る日の朝に秘書が体調不良で早退し人材派遣会社に代わりの秘書を依頼すると、五分もたたずに颯爽とした男性がやってきた。オリンピアはさっそく彼にあれこれ指示を出す。彼こそが新しい経営者のプリモとも知らずに。一方、正体を明かしそびれたプリモは、内心困惑していた。嘘をつき続ければ、ジョークではすまなくなるというのにこの女性から目が離せない。もっと彼女のありのままを知りたい。

内容(「MARC」データベースより)
失恋から立ち直り、副社長としての仕事に打ち込むオリンピア。新しい経営陣が来る日、病気の秘書の代理を派遣会社に依頼すると、颯爽とした男性プリモが現れる。早速指示を出すオリンピアだが、実は彼が新しい経営者だった!

ダーリンと呼ばないで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エイミーの気分はどん底だった。五年も同棲していたスティーヴに捨てられてしまった。それも、彼の浮気相手の金髪美人に子供ができたので、これまでの独身主義を撤回して結婚するというのだ!エイミーはこんな精神状態のまま、仕事に行くのが怖かった。ボスのジェイクの前では精いっぱい隙を見せないようにしないと、プレイボーイで鳴らす彼の犠牲者の一人になりかねない。個人秘書になって二年、スティーヴを裏切らないようにしてきたのに。でも捨てられた今、もう彼を防壁にはできない。そしてエイミーは、なすすべもなくジェイクの手に落ちた。しかも、思いもよらない事態が彼女を襲う。まさか妊娠してしまうなんて。

奇跡の賛美歌 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
失った幸せを、いつかまた手に入れたい。あの賛美歌の歌詞のように。メグは宝飾品メーカーに勤めるシングル・マザー。ある朝、社長のネイサンに呼び出され、意外なことを頼まれた。週末に彼の実家で開かれるパーティに、一緒に来てほしいという。母親が次々と女性を紹介するのにうんざりしているらしい。ひそかに憧れていたネイサンの誘いに、メグは胸を躍らせた。週末は思いのほか楽しく、ネイサンもメグに好意を抱いたようだ。ところが、ネイサンが家に送ってきてくれたとき、メグを出迎えたのは、その存在をひた隠しにしてきた三歳になる娘だった。メグが絶望的な気持でネイサンを振り返ると、彼は茫然とした表情を浮かべていた。メグが、ネイサンにも胸に秘めた悲しい過去があると知ったのは、それから間もなくのことだった…。

ヒロインと呼ばないで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
すべては赤ん坊から始まった。ある日、アレクサンドラの家の前に赤ん坊が置き去りにされていた。しばらく預かってほしいという言葉と、“青いおうむ”のライリーという名前が記された手紙が添えられて。このライリーが、きっと赤ちゃんの父親なんだわ。アレクサンドラは警察に届ける前に、彼を捜すことにした。調べてみると“青いおうむ”はジャズクラブで、ライリーはそこのピアノ弾きだった。いかにも女好きといったタイプだ。だが、赤ん坊のことをきくと、彼は身に覚えはないと即座に突っぱねた。弁護士が本業のライリーは、裁判で忙しく、それどころではないらしい。ところが、翌日、彼女の経営する古書店に、ライリーがやってきた。やっぱり赤ちゃんのことが気になったんだわ。意外に優しい人かも。慣れない赤ん坊の世話に苦労するうち、二人は心が通い始める。でもそれも束の間、アレクサンドラは幼児誘拐の嫌疑をかけられ、警察に連れていかれることになった。

月影の水都 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ここなら死に場所にふさわしい。薄れゆく意識の中で、ジュリアは思った。復讐心に燃えてベネチアまで来たものの、もはや力尽きた。真冬の石畳の上で凍え死ぬほかない…。そう観念したとき、月影に照らされて一人の老人が現れ、古びた宮殿に彼女を連れていって介抱してくれた。老人の心遣いと、宮殿の所有者ビンチェンツォの優しいまなざしに、思わずジュリアは心を許しかけた。しかし、あわててそんな自分を押しとどめた。わたしはもう二度と、誰も信用しないと決めたのだから。

内容(「MARC」データベースより)
ここなら死に場所にふさわしい。薄れゆく意識の中で、ジュリアは思った。復讐心に燃えてベネチアまで来たものの、もはや力尽きた。真冬の石畳の上で凍え死ぬほかない…。そう観念したとき、1人の老人が現れて…。

罠に落ちた伯爵令嬢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イゾルダは伯爵令嬢。両親はすでに亡く、今は、祖父イワン・コソヴィック伯爵とともに暮らしている。伯爵の愛情を一身に受け、大切に育てられたイゾルダは、まさしくコソヴィック家に咲く一輪の薔薇だった。ある日、いつものように裏庭の胸像に彼女が悩みを語っていると、ふいに誰かが返事を返してきた。驚くイゾルダの前に、隣家との塀越しに現れたのが、ネーサン・コールマンだった。彼は隣家の屋根裏部屋に下宿していて、たまたま庭にいたという。そして軽やかに塀を飛び越えると、イゾルダの隣に下り立った。それが二人の出会いだった。イゾルダは、たちまち恋に落ちる。彼女は、ネーサンもまた恋をしていると信じていた。まさか、彼がある目的を持って私に近づいてきたとは…。彼の暗い光をたたえる瞳に、イゾルダの胸騒ぎはおさまらなかった。

二月十四日に…―薔薇色の人生をあなたに〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
イエロー・ローズ・マッチメーカーはコンピューターを導入した、テキサス一のカップル誕生率を誇る結婚相談所だ。エミリーは雑誌記者のいとこに頼まれ、仕方なくそこへ向かった。相手を探しているふりをして内部事情を探り、記事のねたを提供する。いわばスパイ行為だと思ったが、いとこは一種のおとり捜査だと言った。後ろめたいところなどない、単なるリサーチだと。さっさと約束を果たして、早くいつもの生活に戻ろう。エミリーはヴィクトリア朝風の華やかな建物に入っていった。だが、とたんにぴたりと足を止めた。まさか、こんなことって…。彼女は突然目に飛び込んできた男性に心を奪われた。いいえ、きっとこれは室内に漂う薔薇の香りのせいよ…。ところが、コンピューターが彼女に選んだ相手はほかでもない、このとき出会ったコーディだった。いくらすてきでも、結婚を真剣に考えている人に、取材を兼ねていると言えるわけがない。エミリーは悩んだが、実は彼も、素性を偽って相手を探す身の上だった。

黒い瞳に魅せられて―愛の遺産〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
三つ子の姉妹―グリアとパイパーとオリヴィアは、先日亡くなった父の遺産を相続した。ところが、その遺産は“花婿基金”と名づけられ、夫にふさわしい男性をさがすためだけにしか使えないという。愛娘の将来を案ずる父の遺志に従い、三姉妹はイタリアのリヴィエラを訪れることにした。パルマ・ブルボン家の末裔の証であるペンダントを身につければ、きっと魅力的な男性が現れるはずだ。リヴィエラに到着すると、一人の男性が長女のグリアに近づいてきた。まるで胸のペンダントに引き寄せられるように…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入り、さまざまな国籍の少女たちと出会った。これが世界を知るきっかけとなる。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

シークの罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは砂漠の王国カズバーンへやってきた。兄が作った借金の返済を延ばしてもらうためだ。借金の相手であるプリンスにあと二カ月待ってほしいと伝えたところ、彼は耳を貸そうとせず、すぐにも全額返すよう迫ってきた。踏み倒すつもりはないのに、なぜこうもわからず屋なの?憤慨したエミリーの目の前にプリンスが立ちはだかり、いきなり彼女の髪どめを取った。流れ落ちる金髪に、荒々しく鋭い眼光が向けられる。「君はお兄さんから、女の魅力で迫ってこいと言われたんだろう」エミリーは自分の耳が信じられなかった。

内容(「MARC」データベースより)
エミリーは兄の借金の返済を延ばしてもらうため、砂漠の王国カズバーンへやってきた。しかし、借金の相手であるプリンスはすぐにも全額返すよう迫ったうえ、いきなり彼女の髪どめを取り、荒々しく鋭い眼光を向けた-。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

oooラッキーショッピングooo ~山手線エリア こだわりの和菓子屋~ooo 日暮里 鶯谷 上野 ニュースooo 庭いじり道/ホームセンター大好き@千葉市ooo 山手線エリア~洋食屋 王道のカレー&ビーフシチュー~ooo ラーメン!つけ麺!僕イケメン!ooo 将棋好き好き@千葉ooo 千葉の滝さがしドットコムooo 千葉の醤油ooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo ばばっばっ!ばばぁ~馬場の丸撮り~♪ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo うまい米@千葉ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 花ざかり千葉ooo 千葉県の重要文化財一覧ooo 電子たばこooo 上野情報.comooo オーガニック千葉A GO GO!ooo