ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

禁断の恋人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
在宅看護を専門にしている看護婦のミシェルは、怪我をして実家に戻っているザックの見舞いに出かけた。そして、二年ぶりに彼の姿を見て思わず息をのんだ。ザックはあらゆる意味で大人の男性となり、危険なほど魅力的な男性に変身していたのだ。信じられないことに、彼は自宅に戻ったあとの付き添い看護を頼みたいと言ってきた。怪我の痛みにひどく苦しむ彼を見かね、ミシェルは申し出を受け入れてしまった。ザックの魅力に翻弄される日々が待ち受けているとも知らず。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウインターズ,レベッカ
アメリカの作家。十七歳のときフランス語を学ぶためスイスの寄宿学校に入る。帰国後大学で、多数の外国語や歴史を学び、フランス語と歴史の教師になった。ユタ州ソルトレイクシティに住み、四人の子供を育てながら執筆活動を開始。これまでに数々の賞を受けたベテラン作家である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

仮面のウエディング (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
この結婚は十年で終わるのだから、愛が生まれる余地はない。ジェニーは亡き親友夫妻の遺児を預かっていた。ある日、コナーという男が姪を引き取りたいと現れる。横柄な彼に反感を抱いた彼女は申し出を断るが……。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マクマーン,バーバラ
アメリカ南部で生まれ育つ。一年間、国際線に乗務して世界を回ったのち、カリフォルニアに落ち着く。家庭を持ちながらコンピューター会社に勤務するが、子供たちが学校に通い始めて、執筆活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

恋はスコールのように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
いとこを訪ねてインドネシアの島にやってきたガビーは、発電所建設現場の診療所で働く医師、ジェドと出会った。ジェドは怠惰で無愛想だが、医師としての信頼は厚いようだ。インディ・ジョーンズを彷彿とされる粗削りな魅力もある。実際、事故にあった怪我人の治療にあたるジェドを見てからはガビーはさらに彼に惹かれるようになった。そのころ、建設現場では不可解な事故が続いていた。発電所の建設に反対する人々の妨害活動ではないか…。そんな心配が高まった矢先、技師たちが連れ去られた。人質たちの安否を気づかい、薬を届けるというジェドに、ガビーは自分もついていくと言い張る。しかし、二人もまたとらえられ…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アンダーソン,キャロライン
イギリスの作家。看護婦、秘書、教師、室内装飾業者を経て、現在は作家に落ち着く。「いつも何かを探し求めてきて、作品を執筆するごとに新しい世界や友人との出会いがあった」と語る。イングランド東部サフォークで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

湖畔の休日 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
なんてすてきな先生!ハンサムで落ちついていて有能で…。ジェイムズ卿の診療所の新しい顔、ギフォード医師は、たちまち患者やスタッフの注目の的になる。だけど秘書兼受付係のルイーザだけは、同調して浮かれはしなかった。気まずい出会い方をして以来、先生はわたしを嫌っているみたい。わたしだってなんとも思ってないわ、あんな堅苦しい人。ところが思わぬ事態から、彼女は週に何日かギフォード付きとなり、彼の自宅へ同行してまで仕事をすることになった。ギフォードには婚約者がいた。美しいけれど意地悪なヘレナ。誰が見たって、彼女は先生に全然ふさわしくないわ。ルイーザはギフォードの幸福のためにひと肌脱ぐことにした。彼のことは好きじゃないけれど、と自分に言い訳しながら…。

内容(「MARC」データベースより)
ジェイムズ卿の診療所に新しい医師がやってきた。ハンサムで落ち着きのあるその医師は、たちまち患者やスタッフの注目の的。だけど、ルイーザだけは浮かれはしない。ところが思わぬ事態から彼女は…。

公爵のプロポーズ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョアンナは遺跡調査のため、古い宮殿を訪れた。ここは元婚約者、グスターヴォの領地だ。何年も前、親の決めた結婚相手に、彼女はひと目で恋をした。だが式の直前、グスターヴォはほかの女性に夢中になった。彼の幸せだけを願って、ジョアンナはそっと身を引いたのだった。あのとき私の世界は音をたてて崩れ落ちたけれど、彼が今も輝いているなら、それでいい…。しかし再会したグスターヴォは、ひどく悩んでいるように見えた。ジョアンナは再び願った。彼の力になりたい、と。

内容(「MARC」データベースより)
ジョアンナは遺跡調査のため、元婚約者グスターヴォの領地にある古い宮殿を訪れた。彼の幸せだけを願って身を引いたジョアンナだったが、再会したグスターヴォがひどく悩んでいるのを見て、再び願う。彼の力になりたい、と…。

取り引きされた愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョージーの人生はやっと順調になってきた。悲しみから立ち直り、今では仕事にも希望が持てる。しかし、親しくしている人の家のディナーに招かれたとき、ジョージーの身に大きな災難が振りかかった。客の中にジェッド・ロードがいたのだ。相変わらず、漆黒の髪と厳しい顔が謎めいた雰囲気を漂わせている。女性たちの目を釘付けにしながら、自らの離婚について平然と語りはじめたジェッドを見て、ジョージーはひどいパニックに陥った。彼女は半年前までジェッドの妻だったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

冷たいプロポーズ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アントニオはテレビ番組制作会社のヨーロッパ支局長。ある日、社長のコンラッドに呼ばれ、とんでもない話を切り出された。十七歳のころから家出を繰り返す娘のペイジを落ち着かせるために、結婚させたいというのだ。そして彼の選んだ相手が、アントニオだった。「娘と結婚すれば、私の地位は君に譲る。もし拒否すれば、君のライバルに同じ提案をする」アントニオはまるで脅迫だと憤ったが、ライバルに負けるのは耐えられず、結局申し出を受け入れた。地位を譲られたのち、離婚する手もあると自分に言い聞かせて。ペイジにとっても、その話は意外だった。十七歳のとき、冷たく拒絶されてからも、ずっと彼を忘れられずにはいたけれど。でも、今になっていったいどうして…?再会は、どちらにとっても苦く、心ときめくものではなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

しとやかな誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
牧師の娘として生まれたチャリティは、昔からしっかり者だった。亡くなった母のかわりに家を切り盛りし、弟の面倒もみてきた。その弟が、オーストラリアで消息不明になった!チャリティは手がかりを求めて、イギリスから南半球へ飛ぶ。だが、弟のボスだったケインは彼女を冷たくあしらった。すてきな男性だけれど、彼はなにかを隠しているわ。あきらめきれずに街へ出て、情報を集めるために慣れない酒を飲む。目覚めると見知らぬ寝室にいた。目の前にはケインが立っている。チャリティは愕然とした。私がなぜこんなところに?そこへ彼が追い討ちをかけた。「ゆうべの君はすばらしかったよ」。

内容(「MARC」データベースより)
牧師の娘として生まれたチャリティは、昔からしっかり者だった。亡くなった母のかわりに家を切り盛りし、弟の面倒もみてきた。その弟が、オーストラリアで行方不明になった! チャリティはイギリスから南半球へ飛ぶが…。

ボスとの約束 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーは完璧な秘書だった。常に冷静で、仕事が速く、決してミスを犯さない。でも、ひとたび家に帰れば、生活に追われて悩むただの女性だ。一方、プレイボーイと名高いボスのパトリックは、社会的な地位のために妻を必要としていた。浮気も許してくれる、都合のいい妻を。それを知ったルーは、二人の悩みを解消する名案を思いついた。ボスに私と結婚してもらうのはどう?私なら完璧な妻になれる。しかもいっさい愛情抜きで。

内容(「MARC」データベースより)
常に冷静で仕事が速い完璧な秘書ルーと、プレイボーイだが社会的地位のため妻を必要としているボスのパトリック。生活に追われるルーは、自分がボスと結婚すれば、彼が求めているような愛情抜きの完璧な妻になれると考える。

過去からのラブレター (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その朝、レイチェルの家で電話のベルが鳴り響いた。受話器の向こうから聞こえてきたのは、十二年間、かたときも忘れたことのない声だった。「トリスという名前に心あたりがありますか?」トリス―私の一生に一度の恋。豪華客船の旅で、めくるめく情熱をともにし、すぐに結婚しようと誓って…それきり姿を消した男性。レイチェルはひどく動揺した。なぜ今になって電話なんか?だがトリスは、レイチェルを捨てたわけではなかった。愛し合った日々の記憶を失っていたのだ。

内容(「MARC」データベースより)
豪華客船の旅で情熱をともにし、結婚しようと誓いながら、それきり姿を消した男性トリス。彼からの電話にひどく動揺するレイチェルだったが、彼はレイチェルを捨てたわけではなく、愛し合った日々の記憶を失っていたのだ!

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 歴史千葉ooo 千葉のちょっとおすすめ観光情報!ooo 千葉干物天国ドットコムooo 山手線エリアのパスタooo 千葉ビーチONLINE! 館山、勝浦、鴨川、南房総、御宿、九十九里のビーチ情報!ooo ネット証券比較っすooo 千葉の酒蔵ooo もっと知りたい!練馬区ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 将棋好き好き@千葉ooo 文の京!文京区!ooo 荒川区の情報を調べる会ooo 電子たばこooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo カレー大好きキレンジャー!ooo ビジネス.コレクションooo 千葉県南房総 館山市.COMooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo