ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ポーシャの二都物語 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ホワイトフライアーズ不動産です」ポーシャはオフィスにかかってきた電話に答えた。「明日パリを発って、おたくの物件を見に行くつもりだ」声の主は男性でフランス人。ひどく横柄な感じがする。ポーシャはどの物件が見たいか尋ね、その返事に凍りついた。タレット・ハウスですって…?かつて彼女が住んでいた屋敷。不意に、屋敷のキッチンから立ち上る黒い煙が脳裏に浮かび、遠い昔に失われた、いまわしい事件の記憶の断片がよみがえる。そこはポーシャが、二度と足を踏み入れたくない場所だった。「もちろん、きみが一緒に来てくれるんだろうね?」このときからポーシャは、謎めいた男へと確実に近づいていった。彼もまた、その屋敷にまつわる出来事で、大きく人生を狂わされた一人だと知ることもなく…。

花嫁は大地に輝く―キング三兄弟の受難〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ほかの女性との結婚を決めたうえに、愛人関係を迫るような男を愛していたなんて。恋人だった上司に裏切られたミランダは、過去を断ち切り新しい人生を築くため、奥地での仕事に飛びついた。だが目的地でミランダを待ち受けていたのは、雇い主の長男ネイサンとの運命的な出会いだった。もう恋愛はたくさん。たとえネイサンみたいに魅力的な人が相手でも…。そんなミランダの気持などお構いなしに、ネイサンはことあるごとに彼女を誘惑しようとする。そればかりか、彼はミランダをお金で自由になる人間だと思っていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
フランス語と英語の教師を経て、結婚後、コンピューター・プログラマーに転職。ものを作り出すことへの欲求は、油絵や陶芸、建築デザイン、自宅のインテリアを整えることに向けられた。人と接するのが好きで、人と人とのつながりに興味を持っていた彼女は、やがてロマンス小説の世界に楽しみを見いだし、登場人物それぞれに独自の性格を与えることに意欲を燃やすようになった。旅を楽しみ、その経験は作品の中に生かされている。現在はオーストラリアのニューサウスウェールズにあるカントリーハウスに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

待ちわびた告白―愛を約束された町〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
牧場主のグレイディと、町の郵便局長のキャロラインは幼なじみ。だが、顔を合わせれば喧嘩になってしまう。キャロラインが女手一つで育てている五歳の娘のマギーが、粗野なグレイディを怖がることも問題だった。そんなとき、グレイディの弟のリチャードが、兄が彼女に気があることを察し、マギーがなついているのをいいことに、キャロラインに接近し始めた。さすがのグレイディもそれには色めきたった。弟とはいえ、女たらしのリチャードにキャロラインを取られてはたまらない。リチャードが町の教会のパーティに彼女を誘うと宣言するに至って、ついにグレイディも心を決めた。キャロラインを誘うのはこの僕だ。リチャードより先に、この胸の思いをきっぱりと告白してみせる。

砂漠の楽園 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
助かった!あやうく遭難するところだった。水も食料もないまま不毛の地を歩きつづけたジェナは、ようやく小さな建物を見つけて、安堵のため息をついた。いまにも壊れそうなあばら屋だけれど、外にはぴかぴかの自家用ジェット機がとまっている。持ち主に頼めば、空港まで送ってもらえるかもしれない。そのとき戸口に現れたのは、危険な雰囲気を漂わせた男性だった。孤独を映す瞳、精悍な顔、日に焼けたたくましい体。不意にジェナの胸が激しく高鳴った。初めて会った人なのに、これほど惹かれてしまうのはなぜ。

内容(「MARC」データベースより)
不毛の地であやうく遭難しかけたジェナは、小さな建物を見つけて安堵した。しかし、戸口に現れたのは、危険な雰囲気を漂わせた男性だった。不意に高鳴るジェナの胸。初めて会った人なのに、これほど惹かれてしまうのはなぜ?

ベスト・パートナー (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
アーシュラは、ずっと前に“運命の人”と出会っていた。二人は考えも感じ方もぴったり。おまけにそのロス・シェリダンは彼女の上司で、いつでも会える。もっとも、どんなに好きでも彼と結ばれることはない。ロスはすでに結婚しているのだから。今でも、それを知ったときの絶望感を思い出す。アーシュラはそのときから彼への思いを振り切り、ただ仕事の上のつながりだけに目を向けてきた。ロスの妻は美しく才能豊かなデザイナーで、二人の間には天使のようにかわいいケイティがいる。どこから見ても幸せいっぱいだ。だがケイティの誕生会に招待され、アーシュラは彼の結婚生活が悲惨なものと知った。でも、たとえ愛する人の結婚がうまくいっていないからといって、その隙に彼の心に忍び込んだりできるだろうか。私にはできない…。

恋はつむじ風のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
兄の親友ヒューのことは、昔からよく知っている。頭がよくてハンサムで、いつもとびきりの美人を連れ歩いている。そんな彼が、地味で冴えない私に助けを求めてきた。上司の妻につきまとわれて困っているので、秘書が留守のあいだオフィスにつめていてほしいというのだ。笑顔がすてきな彼なのに、今度ばかりは血相が変わっている。「頼むよ、エイミー。たった二週間だから」しぶしぶ引き受けたけれど、心の動揺が抑えきれない。彼と毎日会うなんて、竜巻の中へ突っ込むようなものだわ。ずっと嫌いなふりをして、彼への思いを隠しつづけてきたのに。

内容(「MARC」データベースより)
兄の親友のヒューは、頭が良くてハンサムで、いつもとびきりの美人を連れて歩いている。そんな彼が、地味な私に助けを求めてきた。上司の妻につきまとわれて困っているので、秘書が留守の間オフィスにいてほしいというのだ。

初恋を抱きしめて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
幼なじみのハリーが、一年ぶりに故郷に帰ってきた。彼と顔を合わせるなり、エマはいつもどおり、抱えあげられてくるくる振り回された―久々に会った小さな妹みたいに。いまや大富豪になったというのに、彼は昔とちっとも変わらない。少年のような瞳も、くしゃくしゃの髪も、私との接し方も。歓迎の笑みを浮かべながら、エマは決意を固めた。長いあいだ、彼への思いは胸に秘めてきたけれど、そろそろ私が大人の女性だってことをわからせなくちゃ。長すぎた初恋を実らせるときがきたのよ。

内容(「MARC」データベースより)
幼なじみのハリーが、一年ぶりに故郷に帰ってきた。彼と顔を合わせるなり、エマはいつもどおり、抱えあげられてくるくる振り回された-小さな妹みたいに。エマは決意を固めた。長すぎた初恋を実らせるときがきたのよ!

取り引きされた愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ジョージーの人生はやっと順調になってきた。悲しみから立ち直り、今では仕事にも希望が持てる。しかし、親しくしている人の家のディナーに招かれたとき、ジョージーの身に大きな災難が振りかかった。客の中にジェッド・ロードがいたのだ。相変わらず、漆黒の髪と厳しい顔が謎めいた雰囲気を漂わせている。女性たちの目を釘付けにしながら、自らの離婚について平然と語りはじめたジェッドを見て、ジョージーはひどいパニックに陥った。彼女は半年前までジェッドの妻だったのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
良きパートナーと四人の息子に恵まれ、マン島に在住。1978年にデビューした彼女がこれまでに執筆したロマンス小説は百冊以上にのぼる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

いつも愛を胸に (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
五年前、上流階級の慈善パーティでモデルのマギーは弁護士マシュー・ケインと出会った。たちまち二人の間に情熱が燃え上がり、結婚へ。孤児院育ちのマギーは、自信に満ちたすてきな男性と念願の家庭を持つことができて有頂天だった。ところが、その結婚は二年で破局を迎えてしまう。彼の弟との関係を疑われ、一方的に別れを告げられたのだ。そして今、マギーは思いがけず三年ぶりにマシューと再会した。依然として怒りに燃えるマシューに残酷な言葉を浴びせかけられ、マギーはいたたまれなくなって彼の前から逃げ去った。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
テイラー,ジェニファー
心温まるストーリーを得意とし、近年は医療の現場を舞台にしたロマンスを好んで執筆している。科学研究の仕事に従事した経験がある。イングランドの北西部に夫とともに住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ボスとの約束 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ルーは完璧な秘書だった。常に冷静で、仕事が速く、決してミスを犯さない。でも、ひとたび家に帰れば、生活に追われて悩むただの女性だ。一方、プレイボーイと名高いボスのパトリックは、社会的な地位のために妻を必要としていた。浮気も許してくれる、都合のいい妻を。それを知ったルーは、二人の悩みを解消する名案を思いついた。ボスに私と結婚してもらうのはどう?私なら完璧な妻になれる。しかもいっさい愛情抜きで。

内容(「MARC」データベースより)
常に冷静で仕事が速い完璧な秘書ルーと、プレイボーイだが社会的地位のため妻を必要としているボスのパトリック。生活に追われるルーは、自分がボスと結婚すれば、彼が求めているような愛情抜きの完璧な妻になれると考える。

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]

ooo葛飾区を知れ!ooo リネージュIIクロニクル インタールードooo ちば!ちば!ちば!千葉の伝統文化。ooo AKIBA-JUNKooo 千葉とんかつooo 千葉の醤油ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo ラッキーショッピングooo 新鮮 魚料理を食すooo 千葉の酒蔵ooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo もっと知りたい!練馬区ooo ~品川の街~ooo オーガニック千葉A GO GO!ooo 神奈川いいとこじゃん!ooo 家電、AV機器.コレクションooo 川は生きているooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo パンマニアーナ@千葉市ooo