ハーレクイン・イマージュ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・イマージュばかり集めて楽しんでみました。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

シークの罠 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
エミリーは砂漠の王国カズバーンへやってきた。兄が作った借金の返済を延ばしてもらうためだ。借金の相手であるプリンスにあと二カ月待ってほしいと伝えたところ、彼は耳を貸そうとせず、すぐにも全額返すよう迫ってきた。踏み倒すつもりはないのに、なぜこうもわからず屋なの?憤慨したエミリーの目の前にプリンスが立ちはだかり、いきなり彼女の髪どめを取った。流れ落ちる金髪に、荒々しく鋭い眼光が向けられる。「君はお兄さんから、女の魅力で迫ってこいと言われたんだろう」エミリーは自分の耳が信じられなかった。

内容(「MARC」データベースより)
エミリーは兄の借金の返済を延ばしてもらうため、砂漠の王国カズバーンへやってきた。しかし、借金の相手であるプリンスはすぐにも全額返すよう迫ったうえ、いきなり彼女の髪どめを取り、荒々しく鋭い眼光を向けた-。

恋はつむじ風のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
兄の親友ヒューのことは、昔からよく知っている。頭がよくてハンサムで、いつもとびきりの美人を連れ歩いている。そんな彼が、地味で冴えない私に助けを求めてきた。上司の妻につきまとわれて困っているので、秘書が留守のあいだオフィスにつめていてほしいというのだ。笑顔がすてきな彼なのに、今度ばかりは血相が変わっている。「頼むよ、エイミー。たった二週間だから」しぶしぶ引き受けたけれど、心の動揺が抑えきれない。彼と毎日会うなんて、竜巻の中へ突っ込むようなものだわ。ずっと嫌いなふりをして、彼への思いを隠しつづけてきたのに。

内容(「MARC」データベースより)
兄の親友のヒューは、頭が良くてハンサムで、いつもとびきりの美人を連れて歩いている。そんな彼が、地味な私に助けを求めてきた。上司の妻につきまとわれて困っているので、秘書が留守の間オフィスにいてほしいというのだ。

トレビの祈り (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
グレイシーはまだ見ぬ父をさがしにローマへ来たが、手がかり一つつかめなかった。絶望しかけたとき、トレビの泉で理想的な父娘に出会った。少女をいつくしむ魅力的な男性、ルカ。私もこんなふうに愛されたかった…。彼に問われるがまま、グレイシーは事情を打ち明けた。すると、住み込みで娘の家庭教師になってくれたら、きみの父親さがしを手伝おうと、ルカが申し出た。願ってもない話に、グレイシーは飛びつく。ルカの胸に秘められた深い苦悩にも気づかずに。揺れる女心が共感を呼んだ「結婚をもう一度」「赤い靴のシンデレラ」の関連作。巻末の“今月のお楽しみ”はルーシー・ゴードン「愛はベネチアで」の第10回。

内容(「MARC」データベースより)
グレイシーはまだ見ぬ父をさがしにローマへ来たが、手がかり1つつかめなかった。そんなとき、トレビの泉で理想的な父娘に出会う。その魅力的な男性ルカに事情を打ち明けると、住み込みで娘の家庭教師になってくれと言われ-。

夢でささやいて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ここはどこかの島。潮の香とエキゾチックな花の香りが漂う闇の中でキムは男性に抱かれ、甘い言葉をささやかれる。「あなたはだれなの?」だが、夢はいつもそこでとぎれてしまう。キムは同じ夢をもう何度も見ていた。これはなにかの暗示?私は生活に変化を求めているのかしら?そんな思いに応えるように、兄から電話が入った。旧友のサムがニューヨークに戻ってきた、と。サムは、キムの少女時代の憧れの的だった。その彼がジャワ島に新会社を設立するので、現地で住まいを整えたり、さまざまな雑用を引き受けたりしてくれる人物を探しているという。エキゾチックな島に、憧れの男性―夢のとおりだ。キムはこのチャンスに飛びつき、半ば強引に彼に雇ってもらった。問題はキムの立場だった。世間体を考えれば、妻を装うのがいちばんだ。でも、彼と夫婦のふりをするなんて、かえってつらくなるのでは。

軽はずみな誘惑 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
二十二歳と三十三歳、ラジオのDJと大企業の最高経営責任者。チャリスとリチャードの出会いは最悪だった。「ぼくの甥に手を出さないでくれ。一族の金が目当てだろう?」リチャードは初めて会ったチャリスに、ぶしつけに言った。彼の甥のケルに宛てた留守番電話のメッセージを聞いて、チャリスが十八歳の甥を誘惑していると勘違いしたのだ。チャリスはただ、ケルが送ってきたDJのテープを聞き、会いたいと言っただけなのに、いくら説明しても信じてもらえない。どうしてこんなに頑固なの?テープのできをほめてあげたのに。なぜ彼女はこうも軽はずみなんだ?まだ十代の若者を相手に…。ふたりは、お互いの大きな違いに気づかざるをえなかった。しかし、同じものも感じていた―なぜか求め合う、強い欲望を。彼女に近づいてはいけない。リチャードはそう言い聞かせながらも、甥が結局チャリスの下で働くことになると、怒りにまかせて、自分でも思いがけない態度に出てしまう。

聖夜まで待って (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クリスマスも間近だというのに、ソフィーは恋人もなく、仕事もくびになってしまった。職業紹介所に出向くと、犬の散歩のアルバイトを紹介された。さっそく飼い主ガブリエル・ヨークの瀟洒な家を訪れたものの、だれも呼び鈴に応えない。不審に思ってドアの郵便受けから中をのぞいたところ、ガブリエルと思われる男性が床に倒れていた。彼女は大急ぎで窓から侵入し、気を失っている彼に人工呼吸を試みた。唇を重ねて息を吹きこんだとき、彼は意識を取り戻して不意に尋ねた。「どうして僕にキスをしているんだい?」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フィールディング,リズ
イングランド南部バークシャー生まれ。二十歳のときアフリカに渡り、秘書の仕事に就いた。土木技師と結婚し、その後十年間をアフリカと中東で暮らす。現在はイングランドに戻り、ウェールズに住んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

臆病なシンデレラ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
姉の探偵事務所を臨時で手伝っているロクサーヌは、行き慣れないバーで、軽い女を演じるはめになった。ある女性から婚約者が結婚相手としてふさわしいか、誘惑をして確かめるよう依頼されたのだ。しかし、依頼人の本当の目的は、ロクサーヌを利用して婚約を解消し、新しい恋人と一恋になることだった。なにも知らないロクサーヌは、セクシーなドレスをまとい、ひときわ目立つ魅惑的な男性ケイドに声をかけるが…。

内容(「MARC」データベースより)
姉の探偵事務所に、婚約者を誘惑して忠実さを確かめたいという女性からの依頼があった。ロクサーヌは姉を手伝い、行き慣れないバーで魅惑的な男性ケイドに声をかけるが、依頼人の本当の目的は彼との婚約解消だった。

ラテン流の愛し方 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
十年前の、十六歳の夜。今、わたしはあの夜に帰ろうとしている。「ああ、きみはあのブロンドか」電話から聞こえる声に、キッチン・プランナーのニッキーはかっとなった。相手のエステバンは会社の顧客だが、ちらりと顔を見かけただけで、話したこともない。なのに、ブロンドへの偏見を隠そうともしない。華やかな顔だち、金色のつややかな巻き毛、豊満なスタイル―ニッキーは、そんな容姿のことで何か言われるのが大嫌いだった。男は外見にばかり気を取られて、彼女をまじめに見ようとしない。十年前カリブで、スティーヴという男性に誤解されてしまったように。だが、エステバンはニッキーの怒りにも気づかず、今すぐ不備のあったキッチンを修理に来ないと、訴訟を起こすと脅す。ニッキーはしかたなく、彼の屋敷に向かった。車を走らせながらニッキーはなぜか、愛を冷たく拒否された、あのカリブの熱い夜を思い出していた。スティーヴに会いたい…。ニッキーはふと、そんなことを思った。

最終章は終わらない―ヒーローに恋したら〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある雨の晩、家を訪ねてきた男性を見てタラは目を見開いた。彼は…私のヒーローじゃないの。ロマンス作家のタラは、ここ数週間、隣家に出入りしている魅力的な男性をこっそり観察して、今書いている小説のヒーローに仕立てていたのだ。そして、その架空の男性にすっかり恋をしていた。もちろん想像と現実が違うことくらいわかっているけれど、どぎまぎせずにはいられない。だが、彼が名乗った名前を聞いて愕然とした。ジャック・ルイス?ありえないわ。架空の彼と現実の彼が、まったく同じ名前なんて。

内容(「MARC」データベースより)
ある雨の晩、家を訪ねてきた男性を見てタラは目を見開いた。彼は、私のヒーローじゃないの。ロマンス作家のタラは、ここ数週間、隣家に出入りしている魅力的な男性をこっそり観察して、小説のヒーローに仕立てていたのだ。

一日だけの結婚 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
こうなったら逃げるしかない。シドニーは豪華なパーティ会場から衝動的に姿を消した。父親の設立した会社を取りしきっている人物が、おおぜいの客を前に、自分との結婚を勝手に発表したのだ。行くあてもないシドニーはヒューという男性に助けられる。彼から、ある女性につきまとわれて困っているという話を聞くや、シドニーの頭にすばらしいアイデアが浮かんだ。私たち、恋人同士のふりをすればいいんだわ。無邪気な彼女は、その先に待つ悲しみが予想できるはずもなかった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マカリスター,アン
カリフォルニア生まれ。夏には地元のビーチで泳いだり、サーフィンやバレーボールをして育つ。大学の図書館に勤めていたとき生涯の伴侶と出会い、現在は四人の子供とともにアメリカ中西部に暮らしている。教師や新聞社の原稿整理、教会の説教の代筆など経て小説の執筆に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[墨田区紀行] [千葉の印刷なら千代田印刷] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [電子たばこ] [高収入バイト情報] [東京ぶらぶら] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [アキバ中毒のページ] [ハロー!江東区!] [美容外科] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [台東クラブ] [台東紀行]
[スペイン文学祭り] [水滸伝・司馬遷]

oooパソコン作ってみよう-千葉在住はなまる君-ooo 千葉県の施設ooo 千葉の滝さがしドットコムooo -うぐいす谷Guide-ooo 映画を見に行こうよ!@千葉ooo キャンプに行ってみよう!@千葉ooo あまーい千葉スイーツタワーooo リアクション芸人ooo 寿司喰いねぇ~!ooo 台東クラブooo めぐろGuide~オシャレなまち目黒~ooo 巣鴨で散策!ooo メイドの土産.comooo ~品川の街~ooo ~新宿 Live House~ooo 住宅ローンのことooo ハロー!江東区!ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo ひんやりooo レジャー、アウトドア.コレクションooo